パパ・ママ必見!子育て&食事に役立つおすすめの資格5選。勉強した事をすぐに実践

パパ・ママにおすすめの食に関する資格

こんにちは!!

子育ては大変な面もありますが、楽しいし幸せを感じられ「人生の最優先事項」に位置付けています。

せっかくなので、子どもの成長のために何かしてあげたいと思うのが親心。

私の場合は、遊びを通じた知育に力を入れており、知育プリントを製作して無料で公開しています。

「知育」と聞くと厳しい教育ママ・教育パパが浮かぶかもしれませんが、私の場合は「楽しく」をモットーにしているため、娘も「もっとやりたい」と色々な知育遊びを2人で楽しんでいます。

ただ、子育ては「知育」だけしていればいいわけではありません

食育・一般常識・子どもとのふれあい方など、色々と考えてあげる事が多いです。

一方で、

  • この子育て方法は正しいのか?
  • ネットには色々な方法があるけど、結局何が正しいの?
  • もっと、子どものためにしてあげる事はないの?

と考える、パパ・ママは多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、子育てに役立つ資格

きちんとした資格であれば、正しい知識やスキルを身に付ける事ができ、毎日の子育てにすぐに取り入れる事ができます。

さらに、子育てが落ち着いた時など「働きたい」と思った時に就職に役立てる事ができます。

もちろん、今も働いているパパ・ママも転職に役立つ資格になるので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

この記事で分かる事

  • パパ・ママの子育てにすぐに役立つ知識・スキルが身に付く資格
  • その中でも、今回は「食」に特化した資格のみをご紹介
  • 忙しいパパ・ママでも通信教育で学習でき、資格取得ができる

今回は、数ある資格の中から「子育て」と「食」をキーワードに資格を厳選してご紹介します。

どれも、通信教育で最長6か月程度(最短だと3か月)で取得できるものです。

万が一、資格をとれなくても勉強の過程で得た知識は、その後の子育てに役立つので無駄にならないのが嬉しいですよね!!

子育て&食事に役立つ資格5選

離乳食を食べる赤ちゃん

今回ご紹介する資格は、「食」に関する資格が中心です。

一般的には、ママ向けになるかなと思いますが、最近は料理を担当するパパも増えています。

是非、パパ・ママ関係なく、子どものためを思って資格に挑戦してみてはいかがでしょうか?

資格の取得にこだわらなくても、夫婦で一緒に勉強をすれば効率も高まるし、夫婦共通の趣味になると思います。

幼児食とは?

1歳頃から6歳頃までの子供のための食事のことを、幼児食といいます。

子どもの成長に欠かせない「食」について、夫婦で学んでみてはいかがでしょうか?

幼児食を専門的に学ぶ事で、子どもの年齢や体格に合わせた食事について詳しくなることができます。

さらに、最近は食育が盛んで芸能人の取得も目立っていますね。

パパ・ママの子育てに役立つ資格①幼児食マイスター

幼児食マイスターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格。

子どもの成長はとっても早く、気づいたら色々な物を食べられるようになっています。

この資格では、子どもの成長にあわせた献立や子どもの成長に必須の食材を体系的に学ぶ事ができます。

同時に、「アナフィラキシー症状の予防・対策」も学ぶことができます。

我が家でもアナフィラキシーショックを恐れて、お蕎麦を初めて食べさせると木は、病院が空いている時間をわざわざ選んでいました。

万が一に備えて、ネットの曖昧な情報ではなく専門的な知識を持っていれば、安心ですよね。

同時に、食事のマナーについても学ぶことが出来ます。

親として、正しい食事マナーを子どもに教えたいですよね。

このような専門的な知識は、子育て中のパパ・ママであれば日常的に教える事ができ、家庭で楽しみながら食育を進められます。

パパ・ママの子育てに役立つ資格②ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格。

旬の食材を使ったメニューや、イベントごとの献立、幼児食に向いた食材、必要な栄養素・量などについて正しく理解している人として認定されます。

初めてのベビーフードを子どもに食べさせるのは緊張しますよね?

そんな時に役立つのがベビーフードインストラクターです。

その資格の名前通り、自分の子供にはどんなベビーフードが向いているのか、普段の食事をベビーフードに変えるタイミングはいつがいいのか。

さらに、ベビーフードインストラクターの資格があれば、栄養バランスに配慮した上で、子供の体格や体質、運動量に適した食事を考えることができます。

パパ・ママの子育てに役立つ資格③離乳食・幼児食コーディネーター

離乳食・幼児食コーディネーターは、一般社団法人日本味育協会が試験を実施する資格。ユーキャンの講座の課題が最終試験になります。

離乳食・幼児食コーディネーターは、その名の通り幼児食・離乳食に関する知識を網羅的に学べる資格です。

乳幼児の食と身体発達についての正しい知識を持ち、発達段階に合った食事を効率良く作ることができるスペシャリストになれます。

特に、出産を控えている方におすすめの資格です。

美味しく食べやすい離乳食を作りたいなと考えている方は、妊娠中に勉強をすすめておくと後々役に立つと思います。

さらに、パパにも積極的に受けて欲しい資格でもあります。

最近は育休を取るパパも増えており、ママの代わりに食事を作らなければならない場合が出てくると思います。

パパも離乳食が作れれば、心強いですよね。

私も離乳食を作っていましたが、バリエーションが足りなくて、いつも大体同じになっていました・・・

パパ・ママの子育てに役立つ資格④幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは日本能力開発推進協会(JADP)が主催している資格

幼児食インストラクターは、幼児さんの「遊び食べ、むら食い、好き嫌い」など、パパ・ママの悩みのネタを解決できる、または専門的なアドバイスを行う事ができる資格です。

実際、私も息子の好き嫌いには悩まされました・・・・

また、相談できる人も場所も分からず、ママと一緒に四苦八苦しました。

好き嫌いがあっても、幸いにも成長をしてくれますが、外食のお店選びには気を使っていました。

もし、しっかりと指導できるスキルがあれば、子どものためにもパパ・ママの心の余裕にも役立つのではないかと思います。

パパ・ママの子育てに役立つ資格⑤食育栄養アドバイザー

食事を“食育”と“栄養”という2つの視点から学び、食材や栄養の本来持つ役割を理解することができる資格です。

この資格は、子どもだけでなく大人から老人まで幅広い年代に必要な栄養と食事について学ぶことが出来ます。

アンチエイジング・免疫力アップできる食材の知識や生活習慣病についての知識も得ることができる資格になっています。

子どもがある程度大きくなったパパ・ママが自分を含めた家族の健康を守る事ができる資格です。

育児と勉強の両立

ただでさえ大変な育児。これに加えて資格の勉強はとってもハード。

育児と仕事と勉強(英語・タイ語)の3つを両立させた、コツをご紹介。

→ 育児と勉強と仕事の両立が難しいパパ・ママへ。勉強時間の確保のコツ

パパ・ママが取得したい「食」に関する資格まとめ

パパ・ママが取得したい「食」に関する資格まとめ

今回ご紹介した5つの資格以外にも「食」に関する資格は沢山あります。

しかし、同じような資格であっても、対象や目的が違います。

ご自身の目的や子どもの年齢を考慮して、自分の育児に直結できる資格を取得できれば、食べる事がもっともっと楽しくなりますよ!!

一人では幼児食の作り方を学ぶことはなかなか難しいですが、通信講座等も有効活用して、ぜひ積極的に取得を目指してみてください!

-パパ・ママ応援情報