「育休」の愛称を「育業」に変えるのは、思った以上の効果を生むと期待!!

育業は絶対に成功する

お疲れ様です。よっしぃです。

東京都の小池都知事が「育休」の愛称を「育業」に変えると発表し、話題を呼びましたね。

そもそも「育休」とは「育児をするから仕事を休む」という「育児休業」の言葉を省略したもの。

この省略の方法だと「休」という漢字のイメージが先行して、「仕事を休んでのんびりできる」という印象を与える。これでは「育児休業が進まない。」と判断した小池知事の戦略だ。

小池知事_育業
育業を発表する小池知事:テレビ朝日参照

よっしぃはすごくいいと思う

小池さんはイメージ戦略がとってもお上手。「3密」という言葉は流行語大賞に選ばれ、小池さんが受賞。

実は彼女が考えたわけはないんだけどね

元々は政府のツイッターが始まりだったんだけど、小池さんが多用したおかげで、めちゃくちゃ浸透しました。

「ただの言葉遊び」と揶揄する人もいますが、大衆に向けての「イメージ」とか「雰囲気」ってめちゃくちゃ大事なんですよね。

だって、実際に「3密」は分かりやすい言葉だったので、日本人の行動様式を変えることに成功しました。

それは、「コロナであり、特別だから」という声は、半分正解で半分はずれ。コロナは全員の死活問題だった。だから、浸透するスピードが速かった。

一方「育業」は、全員に同時に起こるものではないです。だからこそ、時間をかけてじわりじわりと浸透していく。

何が浸透するかというと、育児は「お休み」ではなくて「子どもを育てる仕事」なんだ。というイメージ。

あ。あの人も「育業」なんだ
頑張ってね!!
楽しんでね!!

そんな言葉が飛び交う未来がイメージできます。

それが、10年とか20年かかるかもしれません。やはり、「古い価値観」をアップデートできない人は沢山いるのは事実。

だからこそ、「言葉遊び」が重要なんです。使えば使うほど慣れていき、やがて行動様式を変えていく。プロセスの話。

よっしぃ的には、イクメンという言葉はそろそろ死語になってほしいですが、まだまだ。

イクメン
参考イクメンという言葉への嫌悪感とプライド。そして、死後になるまで

続きを見る

でも少しづつ変わっているのは、日々実感しています。

池田さん、Good Jobです!!

-憧れのパパへ