ベランダプールを大人が楽しむ5つの方法とおしゃれアイテム

自宅でベランダプール

毎日本当に暑い・・・そんな時に助けてくれるのが

ベランダプール!!

息子ちゃんがまだ1歳くらいだった時に小さいのを買ったのがビニールプールとの出会い。それから、毎年登場しており、かれこれ10年目。

ベランダプールの様子
水が温まるまで、放置中。プールはアマゾンで購入しています。

コロナで外出が出来なくなったので、少し大きめのプールを購入。2代目のプールです。

子どもは大好きで飽きる事なくずっと入っています。息子ちゃんも

え~もういいよ~

とか言いながらも、去年までは一緒に遊んでくれていました(当時小5)。



ところで、ベランダプールの時間が苦痛に感じる事ありませんか?

子どもらが楽しいのはいいのですが、親目線で見た時に案外自宅プール遊びってやることがなくて飽きちゃいます。

子どもと1対1の場合は、そんな事はあまり感じないのですが、兄弟がいたり友達と一緒に入っていると、親の出る幕がなくなります。ぼーっとしていて手持ち無沙汰

でも、こどもが楽しんでいる時に携帯を見るなんて無粋。そこで、今回は自宅プールの時間を「親」が快適に楽しむ方法をご紹介します。

ベランダプールをもっと楽しくするアイディアは下記の記事も参照ください。

ベランダプールを楽しむアイディアとおすすめアイテム11選

続きを見る

ベランダプールの時間を大人も満喫するには?

よっしぃの10年に渡るビニールプール遊びの経験が生み出した、全く独自視点の方法です。

①折り畳みの椅子とテーブル

買い足したもの
赤の矢印です。少しづつ買い足しました!!

これはお家プールでは必須のアイテム

ビニールプールとはいえ、しっかりと子どもたちを監視が必要。でも、5分程度なら立ってみていられるけど、プール遊びは5分で済まないですよね??

そんな時、必要なのが折り畳みの椅子とテーブルです。

今、よっしぃが持っているのは、小さすぎるので背もたれが付いているタイプが欲しい。

椅子があれば疲れないので、いくらでも子どもを遊ばせておけます。椅子があれば、プールに足だけを突っ込む事ができるので快適に過ごせます。

さらに、テーブルがあるともっと嬉しい。本やおやつを置いて自分時間を楽しめちゃいます。

椅子もテーブルも折り畳みが便利。収納も楽だし。

我が家では折り畳み式テーブル&椅子があるおかげで、ベランダでのんびりと過ごすことが多いです。基本、冬と花粉がひどい時期以外は、ベランダで過ごすことが多いです。

②音楽

このアイテム。実はかれこれ10年以上使っているソニー優秀スピーカー。携帯さえあれば、いつでもどこでも音楽が楽しめる優れもの。

音質は必ずしも良いと言えませんが、防水加工で、お風呂でも音楽が楽しめます。

Youtubeとつないで、子どものリクエストを聞いたり、自分の好きな曲を聴きながら子どもが遊んでいるのを眺めてください。

私は、ビーチっぽい曲を選曲するので「自宅ビーチ」が完成します。

くれぐれも音量は小さめにしてくださいね

③風鈴

音楽はちょっと・・・。という方には風鈴はいかがでしょうか?今の家には付けていませんでしたが、前住んでいたマンションではお隣さんがつけてて、すごく感じが良かったです。

子どもの笑い声と風鈴の音色の組み合わせは意外といいですよ!!

④防水カメラ

携帯でもいいや。って思いがちですが、携帯は止めておきましょう。そもそも、子どもから目を離してしまいます。

また、水遊び中なので携帯に水がかかったり、プールに落としたりといった危険もあります。

そんなときは、防水カメラはいかがでしょうか?

防水カメラを持って一緒にプールに突撃すれば、臨場感があるショットがとれます。これは携帯では無理ですよね。

子どものテンションも爆上げです。

⑤ピザ

ピザ

え!?突然のピザ!?

唐突に思うかもしれませんが、ピザ好きな我が家ではバルコニーで遊ぶと決めた日にはピザを注文しちゃいます。

イメージは「海の家」

バルコニーで遊んでいるときに料理をするなんて無粋。ピザがあればパーティー気分。特別感がもっとアップします。

ビールがあれば最高!!

ここまでくると、自宅感はほぼなくなります。まさに、プライベートビーチに出かけた気分を楽しむ事が出来ると思いませんか??

職人が1枚1枚丁寧に手伸ばし・手焼きで焼き上げている冷凍ビザ!!最近話題の森山ナポリはおすすめです。

番外編:水筒


意外と需要です。ドリンク問題。
親も熱中症対策をきちんととる必要があります。普通のコップに入れたままだとすぐに「温く」なってしまいます。

以前は、都度冷蔵庫に走ってドリンクを取りに行っていましたが、水筒があると冷たいままなので手間が少なくなりました。意外と盲点でした。

ベランダプールの時間を親子同時に楽しむ方法のまとめ

真夏の今、子どもが自宅のビニールプール遊びを楽しんでいる間、大人も一緒に楽しんじゃう作戦のご紹介でした。

子どもと1対1だとあまり気にならないのですが、兄弟や友達がいると、ビニールプール遊びに大人が出る余地はあまりないですよね。

そんなとき、今回ご紹介した方法を実践して頂くともっと快適に過ごせるかもしれません。

-子育て, レジャー
-