「ママ料理=当たり前」「パパ料理=すごい」の世界観は、早々にアップデートした方がいい

料理する父親

突然ですが、私料理するのが大好きなんですよね。別に調理師免許を持っているわけでもなく、普段は普通のサラリーマンをやっています。

私は在宅ワーク、ママは毎日出社。という事もあり、ほぼよっしーが夕飯を作っています。ってか、ママが仕事お休みの日でよっしーが仕事の日でも、夕飯はパパが作る事も。おかげで、お兄ちゃんは帰ってくるなり

ぱぱー今日のご飯なに??

と聞いてくるのが、毎日の風景です。

別に料理得意じゃないかった

元々好きかと言われると、全然そんな事はなく、

料理なんて面倒。買ってくればいいじゃん

という感じでした。

結婚してからも、たまに料理をする程度で、ほとんど妻が料理をしてくれていたと記憶しています。たまに、食べたいものがあれば、適当に作る程度でした。ただ、子育てを通じて家事を分担するようになり、「子育てや家事は手が空いている方がやる」というのが暗黙のルールでした。

そのうちに、コロナが蔓延し、食べたいものも食べられなくなり「だったら自分で作ろう」が「料理って面白い」になるまで、さほど時間はかかりませんでした。我が家では、「パパ=夕飯を作る人。」というのが当たり前になっている中、最近よく言われるのが

「え~、よっし~がご飯作っているの??」
「パパがご飯作っているの??すごい~」

という誉め言葉(?)を頂く事が多いです。

そんな時は、いつも

「いや、普通だよ。料理好きなだけ」
「在宅してて、通勤時間がないだけ」

と答えていますが、違和感を感じています。ほんとうに好きで作っている趣味に近い感覚だからです。なんなら、自分が食べたいものを作っています。

これって、性差別ってやつなのかな?

やっぱり、「ご飯を作る事」もっと言えば「家事はママ(女性)の仕事」という前提があるんだろうなぁ。と思います。

でも、我が家のように共働き家庭でも同じく「家事はママ(女性)の仕事」ってちょっと理不尽だなと感じます。だって、同じように働いているのに、なんで女性だけが家事をするんだっけ?在宅ワークをしている知り合いのパパは、家事を一切しないそうです。その代わり、出勤をしているママが仕事を帰ってからご飯を作る。

いや、別にいいんですけどね。人様の家庭に口出しをするつもりはないし。でも、どういう見解なのかは不思議。聞けば、

「家事ができないから」

の一言で片づけている。

う~ん。もったいないなぁ

これって、「面倒」っていう気持ちの前に、昭和的な価値観「家事は女性の仕事」というものが前提にあると思うんですよ。でも、それって、人生の可能性を小さくしているとよっしーは考えます。

だって、料理ってすごく楽しいから。いや、別に食べる事に興味がなければ、洗濯でも掃除でも収納でもなんでもいいです。家事と直結する「楽しみ」を作った方が、「苦痛な家事」や「パートナーの不満」というものがなくなります。

一番のお勧めなのは、やっぱり料理

好きなものを自分で作れるという事

私、タイ料理や辛い料理が大好き。でもコロナで現地の料理はもちろん、外食すら行けなくなりました。

でも、食べたい・・・・
辛いの食べたい・・・・
なら、自分で作ればいい・・・・

全部が全部同じ味。まではいけませんが十分美味しい料理が自分で作れちゃいます。

コロナ禍に作れた「自分へのご褒美」です。

家族の喜ぶ顔が見られる

もう一つの理由はこれ。子どもは好き嫌いが激しいので

これ美味しい!!

と言ってくれた瞬間が、めちゃくちゃ幸せ。

おお。また作ってあげるね。

と、今度はもっと美味しいのを作ろうという気になれます。

もちろん、一口食べてダメだった場合もあります。そういう時は、何がダメなのかをヒヤリングして
次に活かします。いずれにせよ、きれいなPDCAを回せるんですよ。サラリーマンならみんなお得意のPDCAですよ!!

体調も良くなるよ

他にも色々メリットがありますが、体調が良くなることも挙げられます。食べる事は毎日の事だから、どうしたってレパートリーが増えていきます。

肉・魚・麺・・・色々な料理を作るので、色々な食材を採ることになります。もちろん、意識することは必要ですけどね。毎日、牛丼・ラーメン・コンビニ料理よりもずっと体調がいいです。

まとめ

なんか、「料理サイコー」って記事になり「ごり押し」している感が出ているかもしれません。でも、伝えたいのはそこではなくて

(固定観念を持って)〇〇だから私には関係ない

という考えを捨てると、人生が広がるというか、視野が広がり幅みたいなものが広がります。
*人生は大げさかな??

ってことで、「自分には関係ない」という考えは捨てて、色々な事に挑戦してみてはいかがでしょうか??まずは、料理から(笑)

 

-憧れのパパへ